ボーンクラフトとインプラントについて

インプラントは、技術が進歩し続けていて、以前まで手術不可能だった人も手術が行えるようになっています。

インプラントの技術には、ボーングラフト(骨移植)という方法が開発されています。
歯槽骨が歯周病菌などによって溶かされて、インプラントの金属を埋め込むことができない人に向けられた治療法であり、重度の歯周病になっていた人などが行うことができます。

移植することができる骨は、「自家骨」「骨補填材」「人工骨」などがあります。

「自家骨」は、自分の骨のことです。

下顎枝やオトガイ部(下顎前歯の下)などの骨を採取することによって、移植手術を行います。
顎の骨が使用できない場合は、腸骨などの身体の骨を採取することもできますが、全身麻酔下での施術が必要であるため、大きな病院での治療が必要になることもあります。

「骨補填材」は、自分以外の骨から作られた材料のことです。
人間の凍結乾燥骨、牛由来の無機骨などがあります。

「人工骨」は、ハイドロキシアパタイトやリン酸カルシウム系の素材を使って作られていて、加工しやすいことが特徴的です。
最も治療が早く終わるものは、「自家骨」での治療です。

自分の組織を使っているため、なじみやすく、短期間で骨がしっかりと定着します。

そのため、早期にインプラントの骨を埋め込むことができるため、最も多くのボーンクラフトが行われています。人工骨の質も、年々良いものになって言っているため、今後の技術革新が注目されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です