インプラントで無くなった歯を再生する

歯への衝撃などで一旦その歯を失ってしまうと、今までは差し歯を使った治療法しか方法がありませんでした。

しかし、最近になって新しい技術が開発されたことにより、歯科医療は急速に進歩してきました。

インプラント治療と呼ばれるこの方法は、歯茎に人工のボルトのようなものを埋め込み、その周りにセラミック材を付ける事によって、今まで使っていた歯と同じような機能のまま使い続ける事ができます。

差し歯ですと、途中で割れてしまったり折れてしまうという事もありましたが、インプラント治療で作られた歯は頑丈ですのでそのような心配が少ないのが特長です。また、歯茎に直接埋め込むことから、装着時の違和感もほとんど無いと言う事が出来ます。

金属を埋め込む事になるので事前にアレルギー反応が起こらないかを医師がチェックしてくれますから、初めてのインプラント治療でも安心して治療を受ける事ができます。

完成後の見た目についても、普通の歯と全く変わらないので、違和感の無い仕上がりにする事が可能になっています。

歯科治療は今までは長い期間と費用がかかることで避けてきた人も多かったのですが、インプラントが一般的な治療になっていくにしたがっていろいろな医院で取り扱いが行われるようになり、患者も病院を選ぶ事が出来るようになりました。

そのため、経験豊富な医師のいる病院で施術を行ってもらう事により、より安心して治療をしてもらう事ができるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です