欠損歯の治療法である歯科インプラントのメリット

投稿日:

歯を失ってしまった際の治療法の選択肢には幾つかの種類があります。

これまでは、部分的な入れ歯やブリッジなどの方法が選ばれる事が大半でしたが、歯科医療の技術的な進歩に伴い、人工歯根を埋め込む治療法が選ばれるようになっています。
これはインプラントとして普及している治療技術で、外科的な手法を用いて顎の骨にチタン製のパーツを埋め込みます。

この外科的な手術方法の利点としては、強固な歯の土台を形成出来るというポイントがあり、このインプラントが顎の骨と結合することにより、優れた噛み合わせを実現するものとなるのです。

この人工歯根を用いた欠損歯の治療により、失った歯の機能を取り戻し、周囲の歯に負担をかけずに治療を行う事ができます。

また、天然歯と同様の噛む力を取り戻す事も期待でき、将来的にも天然歯を長く維持する事が出来るようになります。

これまでの欠損歯の治療法は、部分入れ歯やブリッジなどが採用されていましたが、これらの手法は周囲の健康な歯にも大きな負荷をかけることから、残存した歯の寿命を短くしてしまう可能性が高くなってしまうというデメリットがありました。

また、噛みあわせの面でも、天然歯と上手く適合させる事が難しい面があり、様々な口腔内のトラブルの原因となってしまうケースが見受けられました。

しかし、インプラントは顎の骨に人工歯根を埋めこむ手術が必要とされますが、非常に優れた歯の土台を形成できることから、天然歯と同等の機能を取り戻す事ができ、定期的なメンテナンスを欠かさなければ、長期間この人工歯根を使い続ける事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です