インプラントの将来性

インプラントは一部の診療以外は自己診療となるため高額な治療費が掛かりますが、仕上がりの美しさやメンテナンス次第で長期使用可能な事を考慮すれば、施術する意義が高いものです。

インプラントのメリットには、本来の歯とほとんど見分けが付かない自然な仕上がりが挙げられますが、しっかり骨に埋め込むため、噛む力を維持する事が出来ます。
しっかり噛む事で、胃腸に負担が掛からず消化吸収機能が保たれます。また、周囲の歯を削ったり、ブリッジのように負担をかける事がないため、健康なまま歯を残す事が出来ます。

現在では治療技術は日々進歩しており、オールオン4なども施術できるようになって来ました。

これは総入れ歯にも対応でき、4本のインプラントで最大12本の人工歯を支える事ができます。
そのため植え込み時の患者への負担が軽くなり、手術時間も短縮出来ます。

また、手術当日から人工歯を付ける事ができ、生活への支障もなくなりました。

骨の状態により、4本以上埋め込む事もありますが、負担が少なくて患者には喜ばしい治療法です。

インプラントにはデメリットもあり、治療費が高い事や、歯科医によって技術力が違うので良い歯科医との出会いが大切になります。

また、全身状態が良くないと出来ない事もあり、基礎疾患によっては断られる事もありますが、ちゃんと歯科医と相談して最善の治療を受けたいものです。

インプラント認定医制度も発足し、ますます技術は向上し新しい治療法も出て来ると期待される分野です。